ママのためのニュース-Hot Mama News- » ファッション

東原亜希、ユニクロの「服育」で「子どもの新しい一面を知った」

2017年3月7日 ファッション

ユニクロが、子どもが自分の意思で服を選び、コーディネートをする体験型のサービス「はじめてのコーディネート体験 MY FIRST OUTFIT(マイ ファースト アウトフィット)」を、3月25日から全国のユニクロ105店舗でスタート。

子どもの「自立性」の成長を支援

これは、ユニクロの店舗スタッフが子どもを見守りながらコーディネートをサポートし、親から離れてひとりで服選びを体験し、最終的に自分で選んだ服を着てその姿をお披露目するというもの。ひとりで服を選ぶという過程を通じて自己の成長を促す、ユニクロが考える「服育」サービス

サービス開始を前に、タレントの東原亜希さんが記者発表に登場。東原さんは4人の子どもをもつママ。お子さんの服選びはいつも東原さんがしているそうですが、今回「MY FIRST OUTFIT」をお子さん(長男)が体験! その感想を聞くと…

「まずびっくりしたのが青の服を選んでいること。普段私は赤を選ぶことが多く、青い服を着ている息子に驚きました。お店に連れて行って買い物をすると周りに迷惑をかけると思っていたので、子どもが幼稚園の間に買い物をしていました。でもこのサービスを体験した次の日の朝、全く同じコーディネートを準備して、『またお店に行ってやりたい』って言ったんです。選ばせてあげていなかったことを後悔しますよね。男の子なんてなんでもいいかなと親が決めつけていただけでした。平日は幼稚園の制服をなので、土曜日になるとこのコーディネートを持ってきます。彼の自信が詰まっているんですよね」と驚きがいっぱいの様子。お子さんの別な一面が見れただけでなく、「洗濯を出すときに脱いだまま出さずに服を表に返して出すようになった」など、その後の洋服に対しての興味や扱い方が変わったと話していました。
その後、実際にサービスを体験した親子も登場。実は以前買い物のときに男の子が「ドラえもんのTシャツが欲しい」とママに言ったそうなのですが、その時はママの好みで別なものを購入。今回の「MY FIRST OUTFIT」体験で選んだのはなんとドラえもんのTシャツ! 「半年後になっても選ぶなんて」とママも驚いた様子。自分で好きなものを選べることに男の子もとても満足気でした。

玉川大学大学院教育学研究科教授・大豆生田 啓友氏によると「昨今話題になっている『アクティブラーニング』という言葉の通り、自分自身で考え、アクションを起こせるかどうかが今の時代とても大事。小さい頃から自分のことは自分で決めるという「自己決定」が重要であり、そのためのモノや人との対話や試行錯誤をどう支えていくかが教育という観点においても大切なことです。『MY FIRST OUTFIT』は、子どもが自分の力で服を決めていき、その姿を見た親御さんにとっても、新しい発見をもたらすいい機会。自分らしさを表現できるということは、自他を大事にすることにもつながるので、服選びであるけれど実はとても大きなことにつながると考えています」とユニクロの「服育」の取り組みに太鼓判。今後、注目のサービスとなりそうですね。

「MY FIRST OUTFIT」は、2017年3月25日~4月23日(土日のみ)の期間で実施、今後夏休みなどの長期休暇を中心に実施する予定とのこと。ぜひ参加してみてはいかがですか。

実施日:3月25日~4月23日の土曜日・日曜日
※体験時間は約50分。実施時間については、各店舗へ直接お問い合わせください。
参加方法:店頭または電話。
※実施店舗については特設サイトで確認を。
参加条件:
・服のサイズ:110cm~150cm
・一人でお着替えができる
・最大4名まで参加可能
※ 参加費無料

詳しくは→MY FIRST OUTFIT特設サイト

あわせて読みたい

★親子リンクも! 人気子ども服ブランド「プティマイン」から大人向けラインが登場

★アガットの子どもが描いた絵やメッセージをジュエリーできるラインがすごすぎる

★ユニクロの絶対使える春夏アイテムピックアップ



小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。