ママのためのニュース-Hot Mama News- » ライフ

春先の気になるアレルギー改善対策&取り入れたいレシピ

2017年2月1日 ライフ

春先になると悩む人が増えてくるのがアレルギー。春先のアレルギーには大きく分けて3つあります。それが花粉症、黄砂、寒暖差アレルギー。


花粉症はこれからの時期だとスギ花粉。すでにその症状が出ているという人もいるのではないでしょうか。また、黄砂そのものはアレルギーの原因ではなく、付着しているPM2.5や細菌(ばい菌)などが体に入ることで発症することがあります。寒暖差アレルギーは激しい寒暖差等により生じるアレルギーで、冬から春など、季節の変わり目に発生する可能性が高まります。

スギ薬局の管理薬剤師によると「花粉症と黄砂は、体の中に入ってきた花粉や細菌を、異物(アレルゲン)と判断し、 『IgE抗体』(異物と反応する物質)を作ります。鼻や目の粘膜表面の『IgE抗体』がアレルゲンと結合することで、化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放出しようとします。結果、アレルギー反応として、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が発生し鼻や目の粘膜が炎症を起こします。

一方、寒暖差アレルギーは、医学的には『血管運動性鼻炎』と呼ばれ、くしゃみや鼻水の症状が出ているにも関わらず、アレルゲンが見つからない状態を指します。気温に合わせて体温調節する自律神経が乱れることが発生原因と言われており、イライラや疲れなどの症状を伴うこともあります。特に、体温調節が苦手な女性や、高齢の方に多く見られることも特徴です。症状の違いという観点では、花粉症と黄砂によるアレルギーには目の充血や痒みを伴うことが多いのですが、寒暖差アレルギーにはこのような症状が起こらない点も、症状を見極めるポイントになります」

花粉症や黄砂によるアレルギーの治療としては、「対症療法」である薬物療法やレーザー手術などがあり、例えばピーク前から薬を服用することで、症状の緩和に繋がります。普段の生活からできる対策として、「寒暖差アレルギー」対策にも繋がる、適度な「運動」と、ぬるめのお湯での「入浴」もおすすめだそう。

「血液をサラサラにする」ことと、「自律神経を整える」ことに注目した「春先のアレルギー対策レシピ」と、使用している食材について紹介。これからの時期にぜひ食したいレシピは要チェックです。

黒酢バナナスムージー

<材料>
黒酢…30ml
バナナ…1/3本ぐらい
牛乳…150ml
氷…少々
<作り方>
ミキサーに材料をすべて入れて、混ぜたら完成

★黒酢
アミノ酸が豊富に含まれていて、その中の「トリプトファン」は自律神経を調整する「セロトニン」を体内で作り出す働きを持っています。また、「アラニン」というアミノ酸は、血液をサラサラにする効果が期待できます。また、酸っぱい黒酢は、副交感神経を優位に働かせ、自律神経を整えることも期待できます。
★バナナ
バナナの摂食は、スギ花粉症による自覚症状、およびQOLスコアの悪化を部分的に抑制したという研究結果が出ています(※)
★牛乳
牛乳にも「トリプトファン」が多く含まれており、黒酢と同様に、自律神経を整える効果が期待できます。

ネバからのびーる春巻き

<材料>
・納豆
・キムチ
・ピザ用チーズ
・玄米(炊いたもの)
・春巻きの皮
・こめ油

<作り方>
:納豆、キムチ、チーズ、玄米を混ぜ合わせる。
を、春巻きの皮にのせて巻き、春巻きの形にする。
:フライパンを熱し、油をしき両面がこんがり焼けたら完成。

★納豆・キムチ・チーズ
発酵食品は自律神経と腸内環境を整え、免疫力をUPさせることが期待できます。
★玄米
食物繊維を多く含むため、腸内をゆっくりと進み、副交感神経が働きやすくなります。結果、自律神経が整うことを期待できます。

簡単にできるレシピなのでアレルギー対策としてぜひ試してみてはいかがですか。

※出典:日本バナナ輸入組合:バナナ大学「バナナのスギ花粉症予防効果(研究紹介)」
バナナ大学ホームページ

情報提供元:スギ薬局

あわせて読みたい

★日本でも解禁へ動き出した海外育児での定番、液体ミルクってどんなもの?

★エイデンアンドアネイからディズニーシリーズが登場!

★風邪やインフルエンザ対策にひと役!手洗い練習スタンプが優秀すぎる






小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。