ママのためのニュース-Hot Mama News- » 育児関連

モデルママにも人気! 離乳食が簡単に作れる、ママの気持ちに寄り添った『bebemeshi』とは!?

2016年3月9日 育児関連

離乳食期の赤ちゃんを持つママ&パパにとって離乳食は悩みの種。食の基礎を作る大切な時期だから、おいしいものをこだわって作りたいけど、刻んだりペーストにしたりとにかくめんどくさい!そんなママたちにオススメなのが『bebemeshi』。今回は実際に作ってみました!
1今回届いたのは11~12ヶ月用のおうちごはんセット。こんなかわいいパッケージで届きます。赤ちゃんのスタイ&大きくあけたお口をイメージしたイラスト。
2こんな感じで冷凍の真空パック入りのセットが届きます。1袋が1食分でわかりやすい!
3今回は“ヒラメとにんじん、たまねぎの和風ご飯”というメニュー。中身はヒラメ、にんじん、たまねぎ、キャベツ、昆布だしと2倍がゆがセットに。
4作り方は野菜や出汁は約3分、ご飯は約5分あたためればOK。

あたためた材料をすべて一緒に混ぜ合わせるだけでできあがり♪レシピを考える必要もなく、これなら誰にでもできて簡単ですよね。
5少し多めの量なので、食いしん坊のベビちゃんでも安心です。
6「bebemeshi」は簡単に作れるだけでなく、素材へのこだわりもママにうれしいポイントです。味付けが薄い離乳食だからこそ、野菜は有機、無農薬、減農薬、無化学肥料栽培の野菜を中心に、お魚は瀬戸内海で取れる天然の白身魚を中心に使用しています。またメニューはすべて管理栄養士監修のもと、アレルギー7品目と添加物は使用していないから、赤ちゃんにも安心して食べさせられますね。

また、わが家より月齢の低いもぐもぐ期のお子さんをもつママの感想もご紹介します。8月生まれの現在7か月の祥来ちゃんと3歳になる女の子もいる2児のママ。
IMG_8464IMG_8463「月齢に合った食材をネットで調べ、混雑しているスーパーで赤ちゃんを連れながら産地をひとつひとつ確認しながら食材を買うだけでもひと仕事。それでも、ビン詰めの離乳食を食べさせるのには抵抗があり…。私がアレルギー体質のため、姉の食事にも極力無添加にこだわっていました。さらに離乳食も神経質になって作ると、食事準備で1日が終わってしまう感じ…。でも、この「bebemeshi」のセットは安心できる産地の食材を使っていて、月齢に合わせて調理され、特に上の子どもがいるお母さんには助かるものだと思います!”夜な夜なプロセッサーで下準備”という寝不足生活からも解放されます。
IMG_8465何といっても、娘の食い付きが良く、食べさせるのが楽しかったです。食感の違いもきちんと味わっているようで、表情の変化を見るのも面白かったです」と上の子とは違うものを作らなくてはいけない離乳食作りに追われる大変さから解放されることも喜んでいました。

離乳食作りが大変!と思っているママ、お試しセットもあるので、ぜひトライしてみては!? 

beebmeshi
http://www.bebemeshi.jp

ライター:國江聡子



小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。