ママのためのニュース-Hot Mama News- » レシピ

簡単!おいしい!子どもと一緒に作りたいバレンタインレシピ

2016年1月19日 レシピ

あっという間に1月後半。バレンタインムードが盛り上がってきましたね。ここ数年、バレンタインの傾向として、 性別を問わず友人に贈る「友チョコ」や、 パパに感謝の気持ちを込めて贈る「ファミチョコ」などの需要が高まっています。 市販のチョコレートをそのまま贈るだけでなく、 簡単でもひと手間加えたアレンジチョコを作ることが人気を集めています。

そこでおすすめなのが、「ケロッグ」が提案するシリアルで作るバレンタインレシピ! 簡単においしくアレンジチョコを作ることができ、 シリアルを材料に使うことでかさも増すので一度にたくさんの量を作りたい人にもおすすめ。

子どもと一緒に、簡単に楽しみながら作れる「ケロッグのシリアルで作ろう バレンタインレシピ」を活用しない手はありません!
 
《厳選素材 フルーツグラノラのチョコバー》
sub4【材料(8本分 ※21×15cmバット使用)】
ケロッグ 厳選素材 フルーツグラノラ   2カップ
マシュマロ(市販)                        50g
バター(食塩不使用)                   30g
ミルクチョコレート                         100g

【作り方】
1.「厳選素材 フルーツグラノラ」に入っている大きめのドライフルーツ(いちご、 レーズンなど)を取り出し、 シリアルと分けておく。
2.フライパンにマシュマロとバターを入れ、 弱火でゆっくり加熱し、 溶けたらなめらかになるまでかき混ぜ、 火を止める。 「厳選素材 フルーツグラノラ」を加えて、 手早くかき混ぜる。
3.オーブン用シートを敷いたバットに2.を流しこみ、 上にもオーブン用シートをかけ、 その上にタオルを敷くなどして、 手で上から押すように平らにならす。
 ※21×15cmのバットがない場合は、 厚さ1.5cm程度の長方形になるようバットなどを使い整える。
4.包丁で約2cm幅の棒状に切り分け、 冷蔵庫で30分冷やし固める。
5.ミルクチョコレートを粗く刻みボウルに入れ、 60℃の湯せんにかけ溶かし、 4.の半分にかけ、 1.のドライフルーツをのせ、 冷蔵庫で固まるまで冷やす。

《コーンフレーク(ハート)クランチチョコ》
sub5【材料(約8個分×2種)】
〈ブラック〉       
ケロッグ コーンフレーク                   40g
(またはケロッグのフレークタイプのシリアル)
ミルクチョコレート                 90g
アーモンド(ダイス状)          大さじ山盛り1
〈ホワイト〉       
ケロッグ コーンフレーク            40g
ホワイトチョコレート                90g
アーモンド(ダイス状)          大さじ山盛り1

【作り方】
1.「コーンフレーク」は粗く砕く。 ミルクチョコレートとホワイトチョコレートを粗く刻み、 それぞれボウルに入れ、 60℃の湯せんにかける。
2.チョコレートが溶けたら、 それぞれに「コーンフレーク」とアーモンドを加え混ぜる。
をスプーン(丸みのある計量スプーンなどがおすすめ)ですくい、 オーブン用シートを敷いたバットに並べる。 ※スプーンから落とす際は、 スプーンが水平になる位置でくるりと裏返し、 そのつど内側をきれいにふき取ることがおすすめ。
3を冷蔵庫で冷やし固める。

どれにしようか悩んでしまう楽しさとおいしさいっぱいのバレンタインスイーツ。つくって楽しい、食べておいしいチョコレート。ぜひ味わってみては。第2弾として、このほかのレシピもご紹介するのでお楽しみに。

ちなみにこちらのレシピは、1月下旬より全国のスーパー等の店頭でリーフレットとして配布されます。

日本ケロッグ




小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。